子犬

子犬の時期のドッグフードの選び方

子犬の成長期っていつまで? 注意ポイントは?

小型犬と大型犬では成長期の期間が異なる

生まれてから成長が止まるまでを成長期といいます。犬の成長期の期間は、犬種によって異なります。犬は生後4~5カ月までに成犬の体重の50%程度まで成長しますが、その後成長が横ばいになるのは、中・小型犬が生後6~9カ月頃なのに対し、大型犬・超大型犬では1才半くらいと差があります。


たくさんの栄養がバランスよく必要

成長期の子犬は活発でたくさんのエネルギーを消費するだけでなく、体が成長する時期でもあり、体や免疫などのしくみが発達するための栄養も必要です。体重あたりのエネルギーを成犬よりも多く必要としています。


成長に合わせたフードの量の調節を

子犬の時期は、成長に合わせてフードの量を適切に増やして成長を促すことが大切です。そのためにも、定期的に愛犬の体重測定をして記録する習慣をもちましょう。 フードはパッケージに記載された目安量を参考に与えますが、性別や活発さなどによって個体差があるので、愛犬の状態に応じて調節してください。大型犬・超大型犬では、急速な成長や体重増加が骨格の成長に悪影響を及ぼすことがあるので注意が必要です。かかりつけの動物病院をもち、愛犬の成長具合についてアドバイスを受けるようにしましょう。


1日数回に分けて与えて

子犬の時期は胃が小さく、一度にたくさんの量を食べられません。1日に与える量を、とくに小さいうちは3~4回に分けて与えましょう。

成長期には、子犬用(成長期用)のフードを!

成長期のうちは、胃が小さく1回に食べる量が少ない一方、成長のためにたくさんの栄養をバランスよく必要としています。消化がよく効率的にエネルギーをとることができる子犬用(成長期用)の総合栄養食を与えましょう。


給与目安の示し方に注意!

子犬の成長は、犬種や体の大きさによってスピードが異なります。このため、子犬用フードの給与量の目安は、現在の子犬の体重と月齢で表示しているもののほか、成犬時の体重(何kgになる犬種なのか)と月齢で表示しているものがあります。よく確認してください。


小型犬専用フードもあり!

犬の体格はさまざまで、子犬の時期にも体格差があります。小型犬の小さな口でも食べやすいなど、体格別に商品を開発しているフードブランドもあります。


(監修)いぬのきもち獣医師相談室

子犬用フードの一部をご紹介